LIFESTYLE,  デジタルな話

読書時間を予測するアプリ「ReadMore」を使ってみたよっ

( ^∀^){ 歴史はミステリー!

ごきげんよう、ねざです。
相変わらず、頭のなかは飛鳥時代で止まっています。

「ReadMore」というアプリがなかなか良かった。
読書時間を計測して、その本があと何日で読み終わるのかがわかるすごい子。
ReadMore 1.9.4(¥250)App
カテゴリ: 仕事効率化, ブック
販売元: Navel Labs – Navel Labs, Ltd(サイズ: 5.1 MB)
全てのバージョンの評価: (11件の評価)

一時停止ボタンがあるのが素敵。
Aaa
一番下のボタンはメモボタンらしい。
使ってないけど。

数回ログをとった結果。
Bbb
2:52の読書で138ページしか進んでないということがわかります。
知識がないと読むのに時間がかかる。

下の方の「ESTIMATED PLAN」が素敵なところ。
Ccc
残りページや読了予定日がはじき出され、このペースだと残り2:30かかるよ!
7/8には読み終わるんじゃないの!
ってことがわかる。
あぁ、これ便利ね。便利すぎるわね。
次に何読もうかなーってワクワクできちゃうね。

「Reading Sessions」を押すと、計測ログが見れる。
そしてそれをCSVにしてメール送信できる。
この画面も送れたら最高なんだけどな。

あと面白いのは、登録した本を色分けできること。
Ddd
4つのテクスチャがあるから、ねざさんは本の種類で分けることにした。

実際の本の色を登録してみた。
このリストの状態で、読み途中の本の進行具合がわかるからいいね。
Eee
実際は、読んでる途中の本があと7冊ある。
このアプリを使いはじめる前に読み始めたから登録してない。
ちゃんとした計測はできないけど、それぞれの進行具合が一覧で見れるのは面白そうだからあとで登録してみようかな。
登録はバーコード認識とかISBN検索もできるから便利でござるよ。

手に入れた本をここに登録しておくと、何を読むべきなのかわかりやすい。
メディアマーカー見づらいしさ。
たまにはアプリの紹介でもしとこうかと思っただけですよ。
中途半端な感じだけど( ^∀^)


まだ途中だけど、厩戸皇子が少々。
乙巳の変〜壬申の乱までの流れがわかりやすい。
いろんな見解があるものだなぁ。

|彡サッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です